« 花より男子 | トップページ | ノッティングヒルの恋人 »

2005年12月24日 (土)

天空の城 ラピュタ

宮崎駿監督が大好きな私。
ジフリ映画の中で好きな作品の1つ。
このラピュタを何度も何度も繰り返し、観た。
何度観ても、飽きない、面白い、すごい。
本当に、こんな世界があれば良いのに・・・と
空想にふっけてしまいます!!!!
もし、本当に空の上に城が浮いていたら楽しい。
もし、飛行石があったら宇宙まで飛んでいけるのか?
各シーンの街並みも、住んでみたい街並みも素敵。
そして、食事のシーンのトーストと目玉焼き、マジ
美味しそう!!つい、観た後、トーストの上に目玉
焼きをのせて食べたくなるほど・・・。
それで、音楽。ジフリときたら、久石譲です。
毎回、見終わったてスタッフロールが流れ始めたら
歌っている。「ルルルルルルルルゥ~」
ストーリーは、空に浮かぶ伝説の島、ラピュタを発見
したものの、人々に信じてもらえないまま亡くなった
父を持つ、見習い機械工のパズー。彼はある日、
空から落ちてきた少女シータと出会う。彼女は胸に
青く光る石のペンダントを身につけていた。実は、
彼女はラピュタの王位継承者であり、そのペンダント
こそが空に浮かぶ力を持つ“飛行石”だったのだ。
ところが、二人はラピュタを捜索している国防軍に
捕まってしまい、シータを残してパズーだけが釈放
されることに。彼は、同じく飛行石を手に入れようと
していた空中海賊ドーラ一味の協力を得て、シータを
国防軍の手から救い出す。そして、とうとう伝説の島
ラピュタと遭遇することになるが……。


監督:宮崎駿
日本映画

天空の城ラピュタ DVDコレクターズ・エディション icon

ジブリ・ミュージック Piano&Violin icon

|

« 花より男子 | トップページ | ノッティングヒルの恋人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/10566/134348

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の城 ラピュタ:

» 宮崎 駿 スタジオ ジブリがみたい! [宮崎 駿 スタジオ ジブリがみたい!]
こんにちは!宮崎駿とスタジオジブリの作品とその関連商品を紹介しています。いくつになっても忘れたくない感動を与えてくれますね☆ [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 12時38分

« 花より男子 | トップページ | ノッティングヒルの恋人 »