« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

グリーンカード

グリーンカード
icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

時をかける少女


icon
icon

| | コメント (0) | トラックバック (45)

2006年2月24日 (金)

みんなのいえ

本当に三谷幸喜監督が作るコメディ映画は「はずれ」がない。
若い夫婦のMyHOME建築を巡っての苦労を喜劇で表現する。
噂によると、この脚本の内容は、実際に三谷幸喜監督と女優
小林聡美さんの家を建てる時にあった出来事を脚色して
書いた本らしい。
ここから学んだ事は、家を建てる時は1人の人に任せた方が
無難ということ。いろいろな人が関わるとトラブルも発生して
くるのだろう。
田中邦衛演じる、お父さん役がハマっていた。
ストーリーは、若い夫婦のマイホーム建築を巡って巻き起こる
騒動を描いたコメディ。


icon
icon

| | コメント (0) | トラックバック (34)

2006年2月23日 (木)

あずみ

漫画原作の「あずみ」
上戸彩主演映画。なかなか面白かった。
上戸彩は少し不幸を背負った役がハマると思う。
ストーリーは、徳川の戦乱で孤児となった10人の
子供たちが、山深い森で密かに刺客として育てら
れた。彼らの中で最も腕のたつ戦士が、あずみ
(上戸彩)。ある日、爺(原田芳雄)は最後の試練
として、最も仲の良い仲間と殺しあうことを命じられて・・・。

お奨め度:★★★

監督:北村龍平
日本映画


icon
icon

| | コメント (0) | トラックバック (92)

2006年2月22日 (水)

魔女の宅急便

ジフリ作品。何度も何度も観てしまいます。
私は犬派、猫派でいったら断然、犬派なんだけど・・・。
ジジは好き。かわいい。声もかわいい。
キャッチコピーの「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。
というのが泣ける。
なんとも健気というか、がんばっているなーみたいな。
でも、魔女の世界は厳しいな。13歳で独立しないといけない
なんて・・・。13歳って中学生だよ。
修行とは言え、偉い勇気。
しかも、キキは魔法のほうきに乗る事しか覚えなかったんだから。

それだけで修行に出る勇気がすごいよ。
魔女の宅急便のモデルとなった街はヨーロッパ圏とは思っていた
が、本当は何処なのかネットで調べてみると・・・。
クロアチアのドブロヴニクという意見とスウェーデンのヴィスビュー、
ストックホルムという意見もあるらしい。
まぁ、どちらにしてもヨーロッパ圏の風景という事だ。
ストーリーは、魔女の少女が魔女になるための修行をしていく
過程で様々な経験を積み成長していく姿を描いたアニメ。

icon
icon

| | コメント (9) | トラックバック (33)

2006年2月21日 (火)

耳をすませば

ジフリ映画。
最初1回目観た時は、正直言って、そんなにお気に入りの
作品とはなっていなかった。
でも、2回目のテレビ放送で観た時に「あぁ、なんか良いな」
と思った。
この作品の主人公の淡い恋心とか現実と夢の狭間と言うか。
観ていて、自分もこういう時代があったなーなんて思いふけって
みたりできるし。それに、現実ではない夢の世界でバロンと共に
旅する情景も目がいってしまう。誰もが経験する気持ちを表現
しているので目がいってしまうのかな?そして、何度も何度も
歌われているので「カントリーロード」を最後には口ずさんでしまう。
ストーリーは、中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、
さわやかなタッチで綴る。思春期の不安や、複雑な乙女心、
将来への不安と憧れなど、恋愛ストーリーの定番的要素を
瑞々しい人間ドラマとして表現している映画。

お奨め度:★★★★

監督:近藤喜文
日本映画


icon
icon

| | コメント (0) | トラックバック (48)

2006年2月20日 (月)

ニューヨークの恋人

メグ・ライアン主演のラブストーリー。
テレビ放送で観ましたー。
メグ・ライアンの声優が全く合っていなくて・・・。
そこだけが残念。もう1回観る時は字幕のDVDで観たい。
メグ・ライアン扮するヒロインが男の子っぽい服装なのが
現代ぽさを演出していたと思う。
それとヒロインの相手役のレディーファースト精神が女性
の心をくすぐる。
ストーリーは、タイムスリップにより出会った男女2人を
描くロマンティック・ラヴ・ストーリー。

お薦め度:★★★★

監督:ジェームズ・マンゴールド
アメリカ映画

icon
icon

| | コメント (0) | トラックバック (125)

2006年2月19日 (日)

やっぱり猫が好き殺人事件

三谷幸喜監督のトーク番組「やっぱり猫が好き」 のドラマ。面白い。 さすが!って感じかな。 お薦め度:★★★★ 監督:三谷幸喜 日本映画

やっぱり猫が好き殺人事件 icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

CASSHERN

正直、アニメの「CASSHERN」を観た事が無いので・・・。
この映画1本で内容まで把握するのは難しかった。
この映画を観た後に解説本か何か読まないと。
写真家だけあって、映像は「すごい」と思う。
個人的に俳優の寺尾聡さんが好きなので、つい
つい観てしまう。
ストーリーは、そこは現代の世界とは全く異なる歴史を
歩んできた世界。大戦は50年も続き、世界は大亜細亜
連邦共和国とヨーロッパ連合という、2つの陣営に分断
されていた。戦いは大亜細亜連邦共和国の勝利に終わる
が、人心は荒廃し、様々な後遺症と荒れ果てた大地だけ
が残った。そんな中、東博士は重い病に苦しむ妻を助け
たい一心で、人間のあらゆる部位を自在に造り出す
“新造細胞”理論を構築する。やがて、それを私欲のために
利用しようとする軍関係者の援助で始められた実験は、
博士の思惑を超え、“新造人間”なる新生命体を生み
出してしまうのだった…。

お奨め度:★★(何度も観れば変わってくるかも・・・)

監督:紀里谷和明
日本映画

iconicon iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (32)

2006年2月17日 (金)

もののけ姫

言わずと知れた、宮崎駿監督作品。
この宮崎作品もお気に入りの1つだなぁ。
まぁ、子供向けには適していない残酷なシーン
も描写されているけど。私としては、そのシーン
もすごい!!って思うし、残酷さが一段とメッセージ
を強調しているっていうのかな・・・。
いつも、尊敬できるのはストーリーの内容も映像も
全てにおいて、私からしては完璧であるって所。
もののけ姫でゾクゾクとしたシーンは、やはりシシ神
が歩いてくるシーンかな。
シシ神が歩く所は、生が宿る。(生の反対の時もあるけど)
ストーリーは、かつて大和王朝に滅ぼされた豪族の末裔で
ある少年アシタカは、突然現れたタタリ神にかけられた呪い
を解くため、遠く西方にあると言う神々の住む山を目指して
旅立つ。そこで彼が見たものは、森を破壊しながら必死に
生きる集団と、人語を解する獣たち~荒ぶる神々~
「もののけ」、そしてヤマイヌとともに生きる少女サン
(もののけ姫)であった。やがて山を守ろうとする神々と、
神々の神である「シシ神」を倒そうとする人間たちの壮絶な
戦いが始まる。人間たちの軍隊は長年かかって備えてきた
石火矢や鉄砲で、数において勝る神々を打ち破っていく。
そしてシシ神の首を討ち取ったとき、神によって世界が崩壊
していく。

お奨め度:★★★★★

監督:宮崎駿
日本映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

ベイブ

この映画は、友人が行けなくなった試写会で観た映画。
ブタの映画だけど試写会だから・・・なんて考えで行った
が観終わって、馬鹿にしていた自分がバカらしくなって
きた。本当に面白かったし、かわいかった。
暫く部屋の中でベイブのものまねをしたほど・・・。
子供も大人も愉しめる映画。
ストーリーは、子ブタのベイブは、収穫祭の体重当て
コンテストの賞品として、無口な農場主アーサー・ハゴット
に引き取られた。その後、牧羊犬ならぬ牧羊豚になり
たがっているベイブの奮闘とアクシデントをかわいく
映像化している。

お奨め度:★★★

監督:クリス・ヌーラン
オーストラリア映画

ベイブ <期間限定生産> ¥1800 icon

| | コメント (8) | トラックバック (108)

2006年2月15日 (水)

ブリジット・ジョーンズの日記

女の子の気持ちの変化とか・・・女の子にしか分からない
部分が描写されていて良かった。
私の友人も、この映画大好き!
かわいらしい映画。

お奨め度:★★★

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

プリティ・イン・ピンク

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角 icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

少林寺三十六房

小学生時代に父親から観ろ!と半強制で観た映画。
父親は私に、この映画で表現されている修行をしろ
と訳の分からない事を常々考えていたみたい。
そんな父親の刷り込みもあり、当時は映画を楽しむと
言うよりも修行の観察をして自分の身体を限界まで
痛めつけて鍛錬する為の参考映画だった。
今考えると、本当に笑える。
だから、私にとって少林寺三十六房は、映画という
よりもノンフィクションの映像っていう気持ちが大きい。
まぁ、この映画の修行1つ1つが奇想天外で面白い。
主人公の三徳は、ジェット・リーが改名する前のリー・
リンチェイで出演している。
ストーリーは、清の時代。乾物屋の息子で明朝復興を
夢見る学生・劉裕徳は、凶悪な将軍・天達の一味に
家族や恩師を殺されてしまう。
復習を胸に抱き少林寺へ辿り着いた裕徳は、三徳の
僧名を授かり弟子入りするが、そこでは奇想天外な
修行が彼を待っていた。

お奨め度:★★★

監督:ラウ・カーリョン
中国映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (86)

2006年2月12日 (日)

三銃士

なんとなく観た映画だったけど面白かった。
映画は期待しなければ、しないほど面白かったり
するところも大好き。嬉しい裏切り?って言うのかな?
日本で言うと、侍映画なんだけど。
初め「三銃士」って知らなかったし、字から判断して
3人の侍のお話だと思っていたけど・・・三銃士+1の
お話だと思う。しかも、+1になる人がDVDのジャケット
の真ん中に居るし・・・。
ストーリーは、時は17世紀。向こう見ずな若き冒険家
ダルタニアン(クリス・オドネル)は、国王に使える近衛
銃士隊に入ろうとパリに向かった。だが銃士隊は公式
に解散させられ、国王に忠義を誓う銃士は、思慮深い
アトス(キーファー・サザーランド)、雄弁なアラミス
(チャーリー・シーン)、快活なポルトス(オリヴァー・プラット)
の3人だけになっていた。城内では、狡猾なリシュリュー
枢機卿(ティム・カリー)とロシュフォール伯爵(マイケル・
ウィンコット)が、若き国王ルイ13世(ヒュー・オコナー)と
アン王妃(ガブリエル・アンウォー)の失脚を企んでいた。
ダルタニアンは三銃士と意気投合し、不穏な陰謀を阻止
することを誓うが・・・。

お奨め度:★★★★

監督:スティーブン・ヘレク
アメリカ映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (30)

2006年2月11日 (土)

猿の惑星

「猿の惑星」を初めて観え終えた時、本当に怖かった。
ラストシーンが1番有名だし、怖い。
ホラーとかのドロドロの怖さではなくて、本当にそうだった
ら・・・という仮定した世界が実際の世界だったら・・・。と
想像して背筋が凍るみたいな感じ。
この映画は、名作と言われているし、有名。
それとファッション業界に度々フィーチャーされている
ような感じがするのは私だけかも。
ストーリーは、未知の惑星に不時着した宇宙飛行士たち
は、そこでは猿が人間を支配している事を知る。主人公
テイラーはコーネリアスとジーラというチンパンジーの
協力者を得て逃亡を図るが……。

お奨め度:★★★★

監督:フランクリン・J・シャフナー
アメリカ映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (131)

2006年2月10日 (金)

ロボッツ

ロボッツのグラフィックがすごいと思って観ちゃいました。
ロボットの錆感とかのグラフィック技術がすごいの一言。
内容としては、まぁディズニー映画って感じ。
ファンタジー感は、たっぷり!!只、宮崎監督のアニメ
映画のようなメッセージ性のあるアニメ映画ではないと思う。
子供向けかな。
ストーリーは、ロボットだけが暮らす世界を舞台に、偉大な
発明家になることを夢みる心優しいロボット、ロドニーが、
慣れない大都会で困難に直面しながらも個性豊かな
ロボットたちと友情を築き、力を合わせて巨大な陰謀に立ち
向かう姿を描く。小さな田舎町に暮らす男の子のロボット、
ロドニー。貧しい家庭に生まれ、中古部品で作られていた
ロドニーはある日、偉大な発明家ビッグウェルド博士の
“外見が何で作られていても、誰もが輝くことができる”との
言葉に勇気と希望を抱くのだった。やがて発明好きな青年
へと成長したロドニーは、立派な発明家になるという夢を
叶えるため大都会ロボット・シティへと旅立った。
そしてロボット・シティで中古ロボットの集団“ラスティーズ
”と出会ったロドニーは、愉快な彼らと友情を育んでいく。
そんな中、ロボット・シティでは大企業ビッグウェルド・
インダストリーズの強欲な経営者ラチェットによって、
中古ロボットを一掃する恐るべき計画が進められていた。

お薦め度:★★★

監督:クリス・ウエッジ
アメリカ映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2006年2月 9日 (木)

鬼が来た

鬼が来た」は、評判だったので映画館に観に行った。
まず、お客の年齢層が高い。50代~の客層だった。
映画を観る前に、あまり期待はしていなかったが・・・。
観ていくうちに、映像の毒々しい感じとか、決して
気持ちいいものではないが、観てしまう感じに飲まれた。
中国から見た日本が映し出されている。
映画の表題からして中国側の感情が表現できていると
思う。日本人としては複雑だけど・・・。
俳優の香川照之さんの演技も見ものだ。
ストーリーは、 第2次世界大戦の終結が迫りつつ
あった1945年の旧正月直前。中国・華北の寒村、
掛甲台(コアチアタイ)村。深夜、青年マー・ターサンの
もとに“私”と名乗る男が現れ、拳銃を突き付け2つの
麻袋をマーに押しつける。中にはそれぞれ、日本兵と
通訳の中国人が入れられていた。“私”はそれを晦日
まで預かるよう脅して去っていった。マーは慌てて村の
長老たちに相談する。もし日本軍に見つかれば村人の
命はない。結局約束の日まで2人を匿うことになる。
最初、日本兵の花屋は、囚われの身で生きるのは日本
軍人の恥、早く殺せとわめくのだったが……。

お奨め度:★★★

監督:チアン・ウェン
中国映画

鬼が来た icon

| | コメント (3) | トラックバック (95)

2006年2月 8日 (水)

レインマン

初めてこの作品で、俳優:ダスティン・ホフマンを知った。
とっても演技が上手くて、本当に自閉症のようで、
観ていてどきどき、わくわくした。本当に、ピュアで観て
いるだけで心が洗い流されるって気持ちにさせてくれる。
ラストシーンは、本当に涙出ました~。
ストーリーは、今まで他人同然に生きてきた兄弟--
自閉症の兄と自由奔放な弟の出会いによって変化して
ゆくそれぞれの人生を描く。

お奨め度:★★★★

監督:バリー・レヴィンソン
アメリカ映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (59)

2006年2月 7日 (火)

ラヂオの時間

ラヂオの時間に限らず、三谷幸喜は天才だ。
何を観ても面白い。
私は、やっぱり猫が好きの時代からファンで。
ファンって言っても、そんなにマニアではないが。
ラヂオの時間のバタバタコメディ感が好き。
実際の放送局でも、あんな出来事って良くあるのかな?
ただ、私はラヂオっ子じゃないので「ラジオドラマ」なる
ものが存在していたというのを、この映画で知った。
三谷幸喜監督作品は、エンタティメントそのものだと思う。

お奨め度:★★★

監督:三谷幸喜
日本映画

iconicon

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

千と千尋の神隠し

言わずと知れた宮崎駿監督のジフリ作品だ。
この千と千尋の神隠しを観た時、なんか良く
分からないけど・・・懐かしい気分になった。
まぁ、毎回ジフリ作品を観て思うのは宮崎監督
のメッセージが良く伝わってくる。
千と千尋の神隠しは、千尋の大人としての成長
というか、そんな要素が濃い気がした。
勿論、それだけじゃなくて川の神様が出てきて、
浴場で千が綺麗にしてあげるシーンなんかは・・・。
川を綺麗に・・・っていうメッセージがあると思うし。
考えれば、考える程、いろいろな意味を兼ね備えて
いる事が多い宮崎監督作品。
単純に観て面白い。けど、意味合いを考えながら
観るのも面白い。
それと宮崎監督作品は、大人も子供楽しめる映画
なのが良い。
ストーリーは、両親と共に引越し先の新しい家へ向かう
10歳の少女、千尋。
しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を
感じていた。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか
「不思議の町」へと迷い込んでしまう。
その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れて
いく両親。が、彼らは「不思議の町」の掟を破ったために
豚にされてしまい、たったひとり残された千尋はその町を
支配する強欲な魔女“湯婆婆”に「名前」を奪われ、働か
ない者は豚にされてしまうことを知らされるのだった⋯⋯。
ジブリがいっぱいCOLLECTION千と千尋の神隠し

| | コメント (0) | トラックバック (94)

2006年2月 1日 (水)

フライトプラン

ジョディ・フォスター主演映画。
最近のジョディは、パニックムービーばかりに出演しているように
思うのは私だけなのかしら??
でも、面白かった~。
最後まで、どうなるのかが微妙に読めない感じで。
ネタばれになるので・・・ストーリーは、今回は書きません。

iconicon

| | コメント (2) | トラックバック (17)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »