« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

マイ・フェア・レディ

オードリーヘップバーンの代表作の1つです。
恥ずかしい話なのですが、つい最近DVDで観ました。
ローマの休日 iconは何度も観ていて大好きな作品ですが
ミュージカルという点で、あまり観ていなかった。
でも、やっぱり有名な作品で代表作は観ておかねば・・・
と思い、観ました。
オードリーが演じる下町訛りの強い貧しい花売りの娘
は、最初びっくりしましたー。
ローマの休日のオードリーの印象が強かったから、あんな
下品な?英語を話すとは・・・思ってもみていなかったから。
方言を研究する音声学の教授ヒギンズは、下町訛りの強い
貧しい花売りの娘イライザと知り合い、音声学の素材として
イライザを完璧なレディに変身させることが出来るかどうか
友人と賭けを行う。上流階級の喋り方やマナーを徹底的に
指導した甲斐あって、アスコット競馬場に現れたイライザは、
下町娘から一転して立派なレィディに生まれ変わって人々を
魅了するが、彼女の美しさはヒギンズをも虜にしてゆく。

お奨め度:★★★(私見としてミュージカルじゃなければ・・・)

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (88)

2006年5月29日 (月)

21グラム

21グラム、DVD借りて観ました。
映画館に行って観たかった作品の1つだったけど・・・。
時間がなくて行けなかった。
デル・トロ、渋い!!
ナオミ・ワッツ、演技上手いーー。
ショーン・ペン、当然の事ながら演技がリアル。
デル・トロの役は、心を入れ替えた前科者役。
ナオミ・ワッツは、夫(設計士)と2人の幼い娘と
幸せな生活を送っている普通の主婦役。
ショーン・ペンの役は、心臓病を患っている大学教授役。
この3人が、ある交通事故から密接に絡み合っていく
ヒューマンストーリー。
結末の方は見ものだった。
只、時系列に物語が進まない展開になっていたから、
頭の中で整理するのが大変だったかな?

お奨め度:★★★

iconicon

| | コメント (0)

2006年5月21日 (日)

ハリー・ポッター 炎のゴブレット

ハリー・ポッターシリーズ第4弾。
シリーズものなので、見続けている。
面白い。俳優さんが、どんどん成長していて
作品を作り続けるのは無理なんじゃないか?
とか、いろいろ言われているけど・・・。
老若男女問わず、楽しめると思う。
今回の炎のコブレットは、何かが動き出す予感
がしたなぁー。次のシリーズが楽しみ。
お薦め度:★★★

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (119)

2006年5月20日 (土)

プリズン・ブレイク

「24」と同じく面白いと評判の米テレビドラマ。
「プリズン・ブレイク 」何気に観たDVDでハマりましたー。
なかなか面白い。「24」のように緊迫感は無いけど。
「24」が好きな人はハマる人が多いと思う。
主人公のマイケルを見ていると、池内博之さんに
そっくり。そして、兄役の人はメル・ギブソンに似ている。
タイミリミットは30日。
大統領の家族殺しの罪で逮捕され死刑判決を受けた
兄を救うために、すべてを捨てて脱出計画を実行する男
の姿を描いたTVドラマ。

お奨め度:★★★

iconiconプリズン・ブレイク コレクターズBOX 1

| | コメント (0) | トラックバック (106)

2006年5月 6日 (土)

紅の豚

言わずと知れたジフリ作品。
本当に宮崎駿監督は「飛行」ものが好きなんだなぁー
と、つくづく思います。数あるジフリ作品の中には、
いくつものも飛行するものが出てくる。紅の豚もそう。
主人公が豚になってしまう展開はアニメらしいけど、ラスト
まで豚のままというのが、最初驚きだった。
お薦め度:★★★
iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (56)

2006年5月 5日 (金)

イブラヒムおじさんとコーランの花たち

面白かったし、画面から目が離せなかった。
フランス映画だけあって、単純じゃない癖のある
映画だけど、私の中で難しい部類のフランス映画の
の中で頭に入ってくる作品だった。
異様なシーンというのが適正な表現か分からないけど、
クルクル周りながらお祈りするシーンは異質だった。
1960年代初頭のパリ。ユダヤ人街のブルー通りに父と2人
で暮らす13歳の少年モモと近所で小さな食料品店を営む
年老いた孤独なトルコ人、イブラヒムおじさんとの話。
この映画に出てくる娼婦も「おしゃれ」でサウンドトラック
も素敵だった。観て損はしない作品。
お薦め度:★★★★

iconicon

iconiconサウンドトラック

| | コメント (0) | トラックバック (106)

2006年5月 4日 (木)

ブルドッグ

ヴィン・ディーゼル主演のアクション映画。
今まで観たヴィン・ディーゼル主演映画の中で1番
面白かった作品。ヴィン・ディーゼルが警官役と言う
のは良くある配役だけどね。勿論、主役なのでバリバリ
活躍して、逮捕された人から恨まれるのは当然。
でも、ラストが大どんでん返しで驚いた。
最後までワクワクしながら観られたなぁ。
お薦め度:★★★
iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (94)

2006年5月 3日 (水)

愛がこわれる時

ジュリア・ロバーツ主演のラブサスペンスかな?
とにかく、私でも逃げ出すよ、こんな人が旦那なら。
棚のビンの絵柄をきちんと揃えるとか、タオルが2つ
かけてあったら揃えるとか・・・。見た目キレイだけど
完璧じゃなくて良いと思う。
見ていて、後半はスリルがあったなぁー。
お薦め度:★★★

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (22)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »