2006年9月26日 (火)

小説家を見つけたら

ショーン・コネリー主演のヒューマンドラマ。
これ、本当に時間を楽しめる作品だった。
ショーン・コネリーが扮する大作家のフォレスター
と16歳にして天才的な文学の持ち主との心暖まる
交流を描いた作品。
後半、フォレスターが童心に戻ったような気がして
ならないシーンが私のお気に入り。

お奨め度:★★★★


|

2006年9月22日 (金)

ボビー・フィッシャーを探して

面白くて、見入ってしまう映画。
ストーリーは、ジョシュはまだ7歳という年齢ながら、
チェスに関して天才的才能を持っていた。父フレッドは
息子の秀でた才能を、かつてチェスで世界に名を馳せた
アメリカ人天才プレーヤー、ボビー・フィッシャーに重ね合わせ、
本格的な英才教育を試みる。そして、彼は往年の名プレーヤー、
ブルースに会い息子のコーチに雇う。ジョシュは特訓によって更に
潜在していた能力を発揮、次々とタイトルを獲得した。
だがある日、ジョシュの前に思わぬ強敵ジョナサンが現われる。
お奨め度:★★★★
ボビー・フィッシャーを探して iconパラマウントサマーフェス!パラマウント ホーム エンタテインメント ボビー・フィッシャーを...

| | コメント (8)

2006年9月 5日 (火)

ハードエイト

ある若い男が母親の葬儀のお金を作る為にベガスに
やってくるが・・・そこで一文無しに。
そんな彼を元マフィアが何故か助ける。
ギャンブルの仕方を教えたりと世話をする。
そんな行動には理由があって、それは。。。
お奨め度:★★★
ハードエイト icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

サンキュー、ボーイズ

ドリュー・バリモア主演のヒューマンドラマ。
ドリュー・バリモアって言うと、ラブコメなイメージが強い
かったので、この映画を初め、ラブコメと思って観てしまった。
でも、全然違った。
ひとまとめに言ってしまうと「愛」だけど、親子愛、友情愛等々。
原題は「Riding in cars with boys」と全く邦題とが違う。
ドリュー・バリモア扮する15歳のビバリーが妊娠、結婚、出産と
人生の波を渡っていく様。
感動したなぁー。
お奨め度:★★★
iconicon

| | コメント (90) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

イン・ハー・シューズ

キャメロン・ディアス 主演の映画。
CMを観て、面白しろそうだなぁーって思って観た。
本当に面白かった。感動して、泣いた。
真逆のようで近い、姉妹愛。
姉は、弁護士。妹は、定職にもつかない、美貌と
誰もが羨むスタイルの持ち主。だけど、そんな2人には
それぞれのコンプレックスが・・・。
姉は、弁護士として成功しているものの、自分の容姿に
自信が持てず、妹は、難読症というハンディキャップが
コンプレックスとなっている。
いろいろな出来事が2人を襲うが、結局・・・。感動。

お勧め度:★★★★

iconicon

| | コメント (1) | トラックバック (106)

2006年5月 5日 (金)

イブラヒムおじさんとコーランの花たち

面白かったし、画面から目が離せなかった。
フランス映画だけあって、単純じゃない癖のある
映画だけど、私の中で難しい部類のフランス映画の
の中で頭に入ってくる作品だった。
異様なシーンというのが適正な表現か分からないけど、
クルクル周りながらお祈りするシーンは異質だった。
1960年代初頭のパリ。ユダヤ人街のブルー通りに父と2人
で暮らす13歳の少年モモと近所で小さな食料品店を営む
年老いた孤独なトルコ人、イブラヒムおじさんとの話。
この映画に出てくる娼婦も「おしゃれ」でサウンドトラック
も素敵だった。観て損はしない作品。
お薦め度:★★★★

iconicon

iconiconサウンドトラック

| | コメント (0) | トラックバック (106)

2006年4月 5日 (水)

マグノリア

不思議な映画。
実際には「ありえない」出来事が起こるところが
奇跡というか、不思議。1度観ただけでは分からない
部分もあるかな。
死期を迎えた大物プロデューサー、彼と確執のある
息子、プロデューサーの妻とその看護人、ガンを
宣告されたTV人気司会者、彼に恨みを持つ娘、
娘に恋する警官、過去の栄光にすがる元天才少年
など、LAに住むさまざまな人間たちの24時間を描く。

お勧め度:★★★

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

ベイブ

この映画は、友人が行けなくなった試写会で観た映画。
ブタの映画だけど試写会だから・・・なんて考えで行った
が観終わって、馬鹿にしていた自分がバカらしくなって
きた。本当に面白かったし、かわいかった。
暫く部屋の中でベイブのものまねをしたほど・・・。
子供も大人も愉しめる映画。
ストーリーは、子ブタのベイブは、収穫祭の体重当て
コンテストの賞品として、無口な農場主アーサー・ハゴット
に引き取られた。その後、牧羊犬ならぬ牧羊豚になり
たがっているベイブの奮闘とアクシデントをかわいく
映像化している。

お奨め度:★★★

監督:クリス・ヌーラン
オーストラリア映画

ベイブ <期間限定生産> ¥1800 icon

| | コメント (8) | トラックバック (108)

2006年2月 8日 (水)

レインマン

初めてこの作品で、俳優:ダスティン・ホフマンを知った。
とっても演技が上手くて、本当に自閉症のようで、
観ていてどきどき、わくわくした。本当に、ピュアで観て
いるだけで心が洗い流されるって気持ちにさせてくれる。
ラストシーンは、本当に涙出ました~。
ストーリーは、今まで他人同然に生きてきた兄弟--
自閉症の兄と自由奔放な弟の出会いによって変化して
ゆくそれぞれの人生を描く。

お奨め度:★★★★

監督:バリー・レヴィンソン
アメリカ映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (59)

2006年1月30日 (月)

ミリオンダラーベイビー

2004年アカデミー賞受賞作品。
クリント・イーストウッドが主演。
モーガンフリーマンも出演していて演技力のある
俳優さん揃いで、観ていて安心ができる映画だった。
話の内容は少し解釈は難しいような気がする。
単純に家族との絆に1度は失敗した同士の擬似的では
あるものの、家族の絆のやり直しを描いたようにも
思えるし、映画の中に何度も出てくる教会へ通うシーン
を考えると・・・もう少し難しい解釈なのかな?とも
思う。1度観ただけでは分からりきれないかな?
映画の展開も、ど派手ではないけど、しっとりと話が
展開していくという感じ。
ストーリーは、ロサンジェルスのダウンタウンにある
小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。
その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てる
あまり、成功を急ぐ優秀なボクサーは彼のもとを去って
しまう。そんなある日、31歳になる女性マギーがジムの
門を叩き、フランキーに弟子入りを志願する。13歳の時
からウェイトレスで生計を立てるなど不遇の人生を送って
きた彼女は、唯一誇れるボクシングの才能に最後の望みを
託したのだった。ところが、そんなマギーの必死な思いに
も、頑固なフランキーは、“女性ボクサーは取らない”の
ひと言ですげなく追い返してしまう。それでも諦めずジム
に通い、ひとり黙々と練習を続けるマギー。フランキーの
唯一の親友スクラップはそんなマギーの素質と根性を見抜
き、目をかける。やがてマギーの執念が勝ち、フランキー
はついにトレーナーを引き受けるのだが⋯。

お薦め度:★★★★

監督:クリント・イーストウッド
アメリカ映画

icon
icon

| | コメント (0) | トラックバック (54)

より以前の記事一覧