2006年3月19日 (日)

ヴィレッジ

この映画は番宣で面白そう。と思ったのがきっかけで
観た映画。ちょっと不思議なサスペンス
監督がM・ナイト・シャマランだけあって、ラストの
ラストで「そのオチかぁーーー」って驚かされる。
外の世界から完全に孤立したひとつの小さな村の話に
なるんだけど、いろいろと不思議で奇妙な雰囲気が
映像化されている。そして、その村を出た者が戻ってこない
理由もラストまで観れば納得。

お薦め度:★★★★

監督:M・ナイト・シャマラン
アメリカ映画

iconicon

| | コメント (0) | トラックバック (95)

2006年1月27日 (金)

フォーガットン

番宣で気になったので観た映画。
最近良くある映画の内容で、イマイチ解釈ができない
部分があった。リアルさにかけるので、感情移入が
できなかった。
観終えてからも「どうしてかな?」と考え込んでしまう。
多分、あと2,3回観れば映画の趣旨とか内容が解釈
できるかも。
ストーリーは、11人の死亡が確認された悲惨な飛行
機事故で9歳になる一人息子サムを亡くした母親テリー。
それから14ヵ月たったいまでもテリーは立ち直れずに、
サムの思い出に浸るだけの毎日を送っていた。
そんなある日、テリーは夫と息子と3人で撮った記念写真
からサムだけが消えているのを見つけ困惑する。
異変はさらに続き、大切なアルバムからも、そしてビデオ
テープからもサムが消えてしまっていた。動揺するテリー
に精神科医は、“息子など最初から存在しなかった”と
告げるのだった。ショックを受けるテリーは、サムの存在を
証明しようと躍起になるのだったが…。

お奨め度:★★★

監督:ジョセフ・ルーベン
アメリカ映画

iconicon

| | コメント (517) | トラックバック (86)

2006年1月10日 (火)

インファナル・アフェア

ありがちな内容だけど、なかなか楽しめた。
想像していたラストとは全く違ったので・・・
面白いかな。
ストーリーは、マフィア組員のラウ(アンディ・ラウ)は、
香港警察へ入隊し、内部情報を流す潜入員となる。
同じ頃、警察学校に通うヤン(トニー・レオン)は、
マフィアの潜入捜査官となるため、警察を去る。
10年後、ラウは内部調査課長に昇進し、恋人との
結婚を控えていた。一方ヤンは、長年の潜入捜査に
疲れきっている。ある夜、大きな麻薬取引の際、組織
と警察は互いに情報漏れに気付き、警察はラウに、
組織はヤンに、それぞれ内通者を探すよう命じる。
やがて2人の距離は、少しづつ縮まっていく…。

お奨め度:★★★

監督:アンドリュー・ラウ
香港映画

iconicon

| | コメント (8) | トラックバック (51)